カテゴリ:英語教育( 15 )


変わる英語教育  ~2020年 新学習指導要領~


今年4月から、2020年施行の「新学習指導要領」に向けての移行期間が始まりました。「小学校で英語が教科に!」「大学入試の英語は4技能へ」等と言われていますが、実際に今年から何がどう変わるのか、主な変更点をお伝えさせて頂きます。新学習指導要領を先行実施する学校、移行措置を取る学校、実施状況は学校により多少異なりますが、小学校では今まで5,6年生に実施してきた「聞いたり、話す言語活動を通して外国語に慣れ親しむ『外国語活動』」を、3、4年生で導入することとなり、5,6年生からは「聞く、話す」に、「読む、書く」の言語活動が加わり、教科としての『外国語科』が導入されます。「教科」となると成績がつきますが、内容は中学英語の前倒しではなく、「語彙や文法等の知識を実際のコミュニケーションで活用し、表現することで理解を深めること」に主眼が置かれています。


また、新たな指導要領では、小・中・高校を通じ、「聞く」「読む」「話す(やり取り)・話す(発表)」「書く」 の5つの領域で目標が設定され、中学、高校の学習目標や内容も変わります。大学入試制度では、2015年から記述式のライティングやスピーキングの面接で4技能を測る外部検定(TEAP)を入試に利用することが一部の大学で始まり、民間の資格を利用する大学の数は年々増加しています。また、現在小6の子どもたちが受験する2024年の入試は、マークシート形式ではなく4技能の資格・検定試験に一本化されます。(2023年までは各大学の判断となります。)そのため、これからは4技能をさらにバランスよく身に付けることが重要になってきます。


◆小学校での授業数

3、4年生

2018年~2019年 移行期間

 外国語活動 15時間

    

2020年 新学習指導要領

 外国語科 35時間(週1回)


【5、6年生

2018年~2019年 移行期間 現在必修の35時間から15時間増やし、計50時間の外国語活動及び外国語科の内容を取り扱う。

    

2020年 新学習指導要領 外国語科 70時間(週2回)


◆取り扱う単語数

単語数は、新学習指導要領で最大2000語も増加することになります。さらに、指導要領で目標にしているのは、丸暗記した単語力や翻訳する力ではなく、きちんと内容を掴み、理解し、自分の意見を伝えるなどの高度な目標が設定されています。

c0351279_11175134.png



◆中学校における変更点

中学では2021年から新学習指導要領が完全実施となり、それまでは小学校は高校との接続の観点から、知識・技能について新たに追加した内容と、それを活用して行う言語活動を行います。

新学習指導要領で主に変わることは、

授業は英語で行う。

●互いの考えや気持ちを伝えあう活動や、具体的な課題を設定し、学習した語彙、表現等を実際に活用する言語活動を充実

●「まとまりのある英語を聞いて,概要や要点を適切に聞き取る。」「与えられたテーマについて簡単なスピーチをする。」「 自分の考えや気持ちが正しく伝わるように書く。」といった内容が追加されています。



当スクールではこのような変化に対応できるよう、昨年から、小学生、中高生クラスのコースブックを幅広いテーマの英語に触れられるOur Worldシリーズ(小学生)、Time Zoneシリーズ(中高生クラス)へ変更し、思考力・読解力・表現力がより高められる英語教育に努めています。



[PR]

by TokyoPassport | 2018-04-26 11:30 | 英語教育 | Comments(0)

コンピュータで英語習得の時代に…。

「〇〇は英語で何と言うの?」の質問に困ることがたくさんあります。たとえば、その季節に咲いている花の名前だったり、子どもたちから聞かれるマイナーな虫(ウミウシ、オニヤンマ、ダンゴムシなど)の英語です。特に春は、毎年聞かれている花の名前も思い出せずに、いつも調べて、蝋梅(ロウバイ)は”wintersweet”、ハナミズキは”dog wood”だったと思い出します。


覚えた単語は書き留めるようにしているのですが、最近では書き留めたことさえ思い出せないこともあります 。そんな私を大人の生徒さんは優しく受け止めてくれますが、子どもたちからは「英語の先生でしょう!」とお叱りを受けます。ネイティブ講師に「だんご虫」は” pill bug”とか”roly-poly bug”と言うんだと聞きました。roly-poly は「ずんぐりした人/物」という意味で、日本の「起き上がりこぼし」は、”roly-poly toy”と言うそうです。

c0351279_15213280.jpg

先日、AI(人工知能)の英語コミュニケーションロボット”Musio”や“ICTInformation and Communication Technology 情報通信技術)”を使った英語教育についての講演会に参加しました。”Musio”は人間が話した内容を推測した受け答えができ、かなり自然な会話が成り立つこと、また、ICT教育では学習全般において苦手な部分への課題を判定し、適切な問題を出すことができるのを目の当たりにしました。コンピュータ将棋を見ても分かるように情報量、知識の面では人間はコンピュータに太刀打ちできない時代になりました。


「先生」という職業もコンピュータの影響を受ける時代が来ています。あと25年以内に人間の仕事の47%はコンピュータやロボットがとって代わる、と言われていますが、「消える確率が高い職業」にスポーツの審判やバーデンター、私が過去憧れていたクロス職人までもが入っているそうです。英語に関して言えば「通訳」はコンピュータの影響を受けやすい職業になると言われています。一方、最後まで人類に残る職業に、ロボットに仕事を教える「プログラマー」が挙げられているというのは皮肉な話ですね。


こういう時代に「教室に通う意味」と「人間にしかできない部分」は何なのか、を考えました。「教室に通う意味」は、文化も言語も違うネイティブ講師との本物の交流、日本人講師とは英語を学習してきた者としての経験、感動の共有、クラスメートと一緒に学ぶ環境といった英語の習得だけではない部分を大切にすること。また、「人間にしかできない部分」は、例えば「ウミウシ」をPCで検索することは簡単ですが、その場で一緒に調べてnudibranchとかsea slug(海のナメクジ)って言うんだ、と講師と共感しながら学ぶこと、つまずいている生徒さんには適切なステップを踏んで励まし、できるように導くこと、やる気がなくなっている時には学習に積極的になれるきっかけを作ること。そういった部分は機械に負けてはいけないと思いました。


ICT教育で英語力は確実に上がると信じています。でも、ICT教育が更に進む時代のなかでも、人との交流を通して身に付ける「言葉」という部分を大切に残していきたいと思いました。知らない単語を学ぶのも、ただ調べるよりも、そのことについて話した状況が記憶として残ります。ネイティブ講師に日本の学校の話題でモンスターペアレントについて話していると、英語では”Helicopter parents/helicopter mom”という言葉があると教えてもらいました。


ヘリコプターのように上空から子どもをいつも監視していて、何かあればすぐに降りてくるということから、過保護の親を指すそうで、また別に”soccer mom”と言えば「教育熱心な親」と言う表現など、いろんな国で似た表現があることに盛り上がりました。こうした人との会話でコミュニケーションって楽しく豊かなものになりますよね。  



[PR]

by TokyoPassport | 2017-06-16 15:28 | 英語教育 | Comments(0)

英語の言語習得

先日、小学生クラスでゲームをする時に、私が”You can play three times.(3回できるよ)”と言った瞬間に、”Only three times!? More! (たった3回!もっと!)”と即座に言い返してきた子がいました。まだ英語歴も2年ほどの子が自分の言いたいことを瞬発的に、しかも感情をこめて英語で表現した姿に感動しました。「3回は英語で?」と聞かれて”Three times”と答えるのとは違い、自分が伝えたい時に使えるのがコミュニケーションとしての英語です。日頃、「ちゃんと英語が身についているのかしら。」「こんな文法も知らない。」等、きっと保護者の皆さまはお子様の学習状況に不安や悩まれていることがあると思い、今回は、言語習得について書いてみることにしました。


私の世代の英語教育は訳読と文法が中心でしたが、当校の英会話クラスでは訳読は行っておりません。訳読は文法知識や理解を確かめられる良い点があるものの、会話力で考えると幾つかのデメリットがあります。例えば、

1. 母語の影響を受けた間違いが多くなり、正確に伝わらないことがある。

(例 「どう思う?」は英語で”What do you think?”と言いますが、「どう=Howと訳して、”How do you think?”と使う。山火事forest fireですが、mountain fireと直訳してしまったり、東南アジアSouth-eastが逆になる等)

2. 会話の反応に時間がかかる。

[英語を聞く→日本語に訳して理解→英語に直して返答]という順序になり、実際の会話ではこのような時間がなく、会話が成り立たないこともあります。


 当校の英会話クラスは、訳読はせず、多くの英語に触れて使ってみる言語活動に重点を置いていますが、訳読や文法中心に対して「言語活動」の場合、理解度が見えづらくなる欠点があります。言葉を自由自在に使えるようになるまでの流れは、以下のようにとても長い道のりを経て習得されていきます。


ステップ 例) How many ?


1. 言語に触れる

How many apples do you see in the picture? How many teeth/ brothers…” と“How many”という音を様々な場面で何度も聞いたり、絵本など文章のなかで出あう。


2. 気づき → 理解 

How many”と言う音を察知し、「数を聞かれている」と理解する。


3. 試す、取り込む

講師のサポートのもと“How many”を使って、正しく伝えられるか試す。クラスメートや講師と聞きあったり、ワークブックで書いたりする。一時的にできても長期的にできるとは限らない。


4. 自由に使える

How many”の知識がしっかりと学習者のなかで整理され、長期記憶として貯蔵され、必要な場面で瞬間的、自動的に使うことができるようになる。


一方で、単語やフレーズに比べ Is it ? Are they ? Does she?のように文法項目は、「4 自由に使える」の段階までには膨大な時間がかかります。袋の中の物当てや、3ヒントクイズなど様々な場面でその言語に出あわせて、子どもの中に取り込めるように機会を作りますが、does, isなど、細かな点へのサポートを受けながら使える「3 試す、取り込む」の段階から「自由に使える」までには多くの時間を要します。言語は、一つ一つが完璧になって次へ進むのではなく、様々な事柄・単語に触れ、スパイラルに学ぶ過程で、自然に使えるようになっていきます。言葉を覚えかけた子どもに「~が好きですか?」が言えてから「~がありますか?」を練習しようね、と教えないのと同じです。


また、「スペルができない」というお悩みもよく伺います。私たちが大切にしている過程は、リスニングが第1段階です。日本語でも何度も言葉を聞いて理解してから使い始めるように、英語もまず聞き取ることができ、理解し、そして様々な活動を通して使ってみる。その後、読む、書くことを目指していきます。私の世代が学んだ順序とは違いますが、リスニングの土台なしに英語は話せるようにはなりません。すぐに成長がないように見えても、学習者の中では少しずつ蓄積されているのです。


私が担当してきた生徒で、小学生の時は読むことがそれほど得意ではなく、分かっていても黙っているタイプで積極的には話さない子がいます。その子は小学6年生の時に英検5級、中学1年で4級、中2で3級、中3で準2級に合格していきました。彼女は学業と部活と忙しい中、自ら「やりたい!」と取り組んでいます。その姿を見て、初期段階で急がず、英語を使って楽しむ土台を作りコツコツと蓄積していくことの大切さを改めて感じました。合格したことよりも、「英語が上手になりたい、もっと理解できるようになりたい」という気持ちを持ち続けていることが本当に大切だと思いました。


[PR]

by TokyoPassport | 2016-11-13 23:44 | 英語教育 | Comments(0)

日本の英語教育が変わる?TEAP試験

TEAP (the Testof English for Academic Purposes) 

 

 

「日本の英語教育では英語は話せるようにならない」とよく批判されてしまっていますが、この原因は読解や文法に偏重した大学入試に対応するため、学校教育でもそれらの技能習得が重視されてしまうことと、英語の時間数が他国に比べて少なく、開始時期も遅れていること、1クラスの人数が多いこと等が挙げられます。しかし、一部の大学で去年から4技能をバランスよく測れるTEAP試験が大学入試の代わりとして導入され、今年はTEAP試験採用を決定した大学が増えています。「大学入試が変われば学校教育も変わるはず」と、今後の学校教育への影響を私は期待しています。

今回は、これから大学入試を控える中高生の生徒さんに、ぜひお勧めしたい英語試験TEAPについて書きます。


1.TEAP試験とは?

日本英語検定協会(英検)と上智大学が共同で開発したテストで、大学で学習する際に必要とされる英語運用能力(英語の資料や文献を読む力、講義を受ける力、意見を述べたり、文章を書く力)を各4技能別で結果が出されます。各大学が基準とするスコアが獲得できれば、大学の英語試験は免除されます。

2.採用大学は?

2015年、4校の大学がTEAP試験を採用し、今年はすでに16大学が採用を決定していて、現在、筑波大学も採用を検討中です。今後、採用する大学が拡大することが見込まれます。2016年度に採用を決定した大学は、上智大学、立教大学、中央大学、青山学院大学、東京理科大学、神田外語大学、獨協大学、武蔵野大学、中京大学、南山大学、名城大学、関西大学、関西学院大学、エリザベト音楽大学、立命館アジア太平洋大学、西南学院大学です。

3.大学の基準は?

各大学やそれぞれの学部により基準スコアは異なりますが、例えば上智大学の経済学部の場合、4技能で230点、英語学科の場合になると300点が必要です。

4.どんな試験?

英検のTEAP試験サイトhttp://www.eiken.or.jp/teap/construct/ で見本問題が閲覧できます。語学の習得度を示す国際的なガイドライン、CEFR(Common European Framework of Reference for Languages) の数値も表示されます。

5.受験資格は?

高校2年生以上。※受験年度で高校2年生となる生年月日以前の生まれであること 

: 2015年度に受験する場合は、199941日以前の生まれであること。

その他の基準は特にありませんが、英検2級以上相当の英語力がないと少し難しいと思います。

当校の中学校のある生徒が学校の試験で、
「“Were you an elementary school student two years ago?”の問いに英語で答えよ。」という問題で、
”I was a Kunitachi 4th Elementary School Student 2 years ago.“(小学校名のみ変更して掲載しています。)と書いたら「×」で、部分点の1点ももらえませんでした。答えは”Yes, I was.”が正解でした。でも、この回答は”Yes, No”は抜けてしまっていますが、質問の意図は理解できていて、きちんとコミュニケーションが成り立つ返答をしています。せめて1点あげることでこの生徒が、英語をもっとしたい、と思うのか、英語って嫌だな、と思うのかが分かれると思います。生徒の意欲を育てる教育をしたいと、この丸付けを見て一層想いを強くしました。

今年5月に安河内哲也先生のセミナーに参加しました。安河内先生は、文部科学省の審議会で委員を務め、大学入試への4技能の導入や、「話せる英語、使える英語」の実用的な英語教育の普及活動に尽力されていらっしゃいます。学校教育にもこの声が届くようにと、↓のバッジを付けましょう、と頂戴しました。

4スキルの教育、大賛成です!!    



[PR]

by TokyoPassport | 2015-08-06 13:15 | 英語教育 | Comments(0)

モチベーションについて Vol.2

以前、モチベーションについて、外的要因による「外発的動機付け」と自らやりたいと沸いてくる「内発的動機付け」についてコラムを書きましたが、今回は具体的なモチベーションの方法について書きたいと思います。特に長く続けていらっしゃる生徒様は「やる気がでない」という悩みを何度か経験されたことがあると思います。「継続する」って本当に大変なことですよね。そして、英語力が伸びれば伸びるほど上達を実感しづらく、モチベーションを保つことが困難になることがよくあります。TOEIC等の試験でもレベルが上がるほど学習時間が必要になります。(TOEICの場合、同じ100点アップでも500点→600点なら250時間、700点→800点なら350時間の学習時間が必要という研究結果があります。*日本の語学試験1995年「英語上達の予測」)

英会話は目標設定がしづらいのですが、目標がないとやる気を持続させるのは容易ではありません。目標を持ち、計画を立て、行動し、継続して習慣化していくため、まずは小さな一歩から始めませんか?

1. 目標を設定する 明確で、具体的で実現可能な目標を持つ。曖昧な目標だとモチベーションはあまり高まりません。

◆課題設定  例)この映画を字幕なしで理解できるように最低3回観る。1回目は日本語字幕で内容を把握して2度目は英語字幕で観て、一時停止で知らない単語や表現を調べる、など具体的に。英語のラジオやテレビ番組から最低一つは選び、必ず観ることを自分に義務付ける。試験合格を目指してこの参考書をやる、リーダーのレベル3を1か月に1冊読み、半年後にレベル4の本を読む、レシピは英語のサイトで検索して作る等。

◆時間設定  週に取り組む日と時間を決める。試験を受ける方なら必要な時間と期間でスケジュールを立てる。

2.行動する 計画倒れにならないよう、行動に移さなくてはいけません。 

◆お決まりの曲を決め、これを聴いたらやる、掃除をしてすっきりしたらやる、など、何かきっかけとなる流れを決めて、自分を動かす。「やる気」は自然に沸いてこないことの方が多いので、私は昔Jupitarを聴いてからやると決めていました。

◆少しだけでも手をつける。やることの中からでも好きなことからやってみる。アイロンが溜まるとアイロン台を出すのも嫌になりますが、「今日はハンカチとシャツ1枚だけやろう」と思うと、やり始めやすく、やり始めると終わらせたくなって、片付くということがありませんか?ちょっとだけやろうと簡単なことから取りかかると、思ったよりたくさんやれてしまうこともあります。まずはやり始めないことには進みません。今日はこの部分だけ読んでみようと、小さいことからスタートします。

http://tralvex.com/download/forum/WhichStepHaveYouReachedToday.gif

3.習慣化する  

1950年代の形成外科医マクスウェル・マルツは、鼻の手術をした患者が新しい顔に慣れるまでの期間と、足や腕を切断された患者が自分の一部がまだあるように感じる期間が共に約21日間だと気づいたことから「人間は何かを習慣化するには最低3週間かかる。それを超えればその習慣が欠かせないものになる。」と書いています。それで3週間で新たな習慣形成ができると広まっているのですが、この後の研究では人間が新たな習慣を身に付けるには約2か月~8か月必要だという報告も出ています。「毎朝コップ1杯の水を飲む」という簡単なものなら約2か月、「50回腹筋をする」という自分に厳しいものなら長くかかります。(*Phillippa Lally/ European Journalof Social Psychology)ですので、習慣化できるまで少しずつ、時には自分にご褒美をあげながら取り組み続けることが大切です。

習慣になるまでは長い道のりですが、小さな一歩で、きっと今より楽に学習に取り組めている自分の姿を想像してやってみませんか?   

モチベーションVol.1 の記事は、http://tokyopassp.exblog.jp/23416759/ に掲載しています。   



[PR]

by TokyoPassport | 2015-05-29 13:33 | 英語教育 | Comments(0)

Witch Doctor の歌でフォニックスレッスン

有名な"Witch Doctor"の歌(ご存じない方は→ https://www.youtube.com/watch?v=fCyRwljtRTA)、あまり英語学習できる単語はないのですが、フォニックスのレッスンにとても良くて、子どもたちもノリノリでした。ee (bee) oo (look) ah-choo!(英語のくしゃみの音)これらの単語でee, oo, ah の音を教えてあげれば、あとは歌を聴き、下のワークシートで聞いた音を指さしていくだけ。何度もやりたがりました。
K3
K4クラスでやりましたので、ぜひご自宅でもやってみてくださいね。




[PR]

by TokyoPassport | 2015-05-09 14:00 | 英語教育 | Comments(0)

子どもと英語で遊ぼう!! 英語が好きになる子育て  Vol.2

新学年スタートの時期ですね。これからの1年も生徒の皆様と一緒に笑い、悩み、楽しい1年を過ごせればと思っております。また、皆様のレッスンが充実したものとなるようにとスタッフ一同気持ちを新たにしております。

さて、先月号の「親子でできる英語ゲーム」はお試し頂けましたでしょうか?今月号も引き続き、お子様(お孫様)とできる簡単なゲームや言葉遊びと、子供向きの英語のTV番組を紹介させて頂きます。ぜひお試しくださいね♪

■山手線ゲーム(Category Game

コンパ(死後でしょうか?)でよく使われた山手線ゲームの英語版です。Animal, Color, Food, Jobs(動物、色、食べ物、仕事)などのお題を出し、お題に合うものを手拍子2回のあとリズムよく英語で言っていきます。同じものを言ってしまったり、すぐに答えられないと負けになります。私はお風呂で子どもたちと時々やっています。

コンパ(死後でしょうか?)でよく使われた山手線ゲームの英語版です。Animal, Color, Food, Jobs(動物、色、食べ物、仕事)などのお題を出し、お題に合うものを手拍子2回のあとリズムよく英語で言っていきます。同じものを言ってしまったり、すぐに答えられないと負けになります。私はお風呂で子どもたちと時々やっていますJ

■早口言葉(Tongue Twister

 年齢が上がると英語の歌を恥ずかしがって歌わなくなる子もいますが、早口言葉だと皆ムキになってチャレンジします。どちらが早く正確に言えるか競争してみます。最初はあまり難しくない早口言葉がお勧めです。有名すぎますが、 She sells sea shells by theseashore.”

 年齢が上がると英語の歌を恥ずかしがって歌わなくなる子もいますが、早口言葉だと皆ムキになってチャレンジします。どちらが早く正確に言えるか競争してみます。最初はあまり難しくない早口言葉がお勧めです。有名すぎますが、 She sells sea shells by the seashore.” 面白いものでは、If two witches were watching two watches, which witch would watch which watch?” (もし二人の魔女が二つの時計を見ていたとしたら、どっちの魔女がどっちの時計を見ているでしょう?)などがありますよ

TV番組の利用

(1)プレキソ英語  Eテレ 毎週土曜18:50-19:00

小学生のための英語番組   “お寿司キャラクター”たちの楽しいストーリーや早口言葉などを通し、楽しく英語の表現や音に慣れ親しめます。英語初心者から経験者どちらの小学生もが楽しめる内容になっていて、テキストも販売されています。番組で紹介される早口言葉は言いやすいですよ。 例Sister Sally is selling six socks.

(2)えいごであそぼ!!  Eテレ 月~金曜8:40-850

幼児~小学生低学年向き。英語の歌やストーリー、体を動かして英語を体感する部分など、英語に楽しく触れられます。


■ゲーム
21 (Game 21

 1から21までの数を順番に言っていく。1回につき1個か2個か3個まで数字が言えます。「21」を言う人が負けというものです。(例 子ども「1,2」 親「3」 子ども「4」 親「5,6,7」….子ども「181920」となると親が「21」を言うしかないので「負け」です。)英語の10-20が言いづらいので良い練習になりますし、英語を始めたばかりの子どもでは111で遊ぶこともできます。また、21までに飽きれば1 st, 2nd…21stと序数にチャレンジしたり、1020,30…210と大きな数で遊ぶこともできます。これはレストランなどで待ち時間が長い時に使えますよ!!

月の言い方やABCの文字が順番通りでなくてもさっと出てくるための歌い方 「音消し」
January, February…12か月の言い方やABCの歌など子どもたちはすぐ覚えてしまいますが、「June」と言われて、順番で考えなくても”6月“と分かるようになったり、“R”を見てどの文字かすぐに言えるようになるまで少し時間がかかります。「音消し」と呼ぶ方法ですが、家族の誕生月だけ言わないで12 monthsの歌を歌ってみる、abc …zまで書いて何個かの文字を消して、消した文字は声に出さないでabcソングを歌うなど、あえて言わないことでその言葉や文字をよく意識して覚える効果があります。

January, February…12か月の言い方やABCの歌など子どもたちはすぐ覚えてしまいますが、「June」と言われて、順番で考えなくても”6月“と分かるようになったり、“R”を見てどの文字かすぐに言えるようになるまで少し時間がかかります。「音消し」と呼ぶ方法ですが、家族の誕生月だけ言わないで12 monthsの歌を歌ってみる、abc …zまで書いて何個かの文字を消して、消した文字は声に出さないでabcソングを歌うなど、あえて言わないことでその言葉や文字をよく意識して覚える効果があります。


[PR]

by TokyoPassport | 2015-03-28 22:52 | 英語教育 | Comments(0)

子どもと英語で遊ぼう!! 英語が好きになる子に育てよう Vol.1

子どもと英語で遊ぼう!! 英語が好きになる子に育てよう Vol.



3月は4月の新学年に向けて新たに英語を始める生徒さんを迎える時期です。ご自宅での学習へのご質問が多く、今月号と来月号では、子どもとできる簡単なゲームや遊びをご紹介します。子どもに「英語を勉強しなさい!」と言っても宿題以外に何をやっていいのか分からなかったりしますよね。また勉強となるとあまり楽しいものではありません。幼児期から小学生はぜひご自宅では英語の絵本や歌、テレビ番組、ゲームなどを通して楽しく触れて頂ければと思います。学校と保護者の方々と協力し合い、子どもたちに学ぶ機会を多く与えられればと願っております。

英語はスパイラルに積み重ねていくことで、記憶し、使えるようになっていきます。Lets try!!

■絵辞典を使ったMemory Game (単語記憶ゲーム)

1. ページの絵を見ながら単語を一緒に言ってみる。(付属のCDで聞いてみてもいいです。)

2. ページを閉じて、何個覚えているか子どもと一つずつ言っていく。多く覚えている方が勝ち!

■絵辞典でFind the picture! (絵探しゲーム) 

絵辞典にはHidden object(隠れた物)というコーナーが各ページにあります。そのものをどちらが先に探せるか。その物以外でも、
Where is a knife?/clock?”など絵辞典にある物を英語で言われてすぐに探せるか遊ぶ。

 

■絵辞典の歌の活用  各トピックの単語を覚えやすい歌がCDに入っています。

1. 歌はまず歌詞を見ないで聞いてみる。(聞く力と想像する力が育ちます。また分からない部分に寛容になることも英語学習では大切です。)
2.
何度か聞いて一緒に歌ってみる。巻末の歌詞で、子どもが分からないところはどのような内容か一緒に確認してみてください。最後はカラオケにチャレンジ。(CDにはカラオケバージョンがあります!)

How many じゃんけん!

クラスでは”How many, how many 1, 2, 3”と呼んでいますが、じゃんけんのように何本かの指を出し、指の合計の数を先に英語で言えた方が勝ち、という単純なものです。両手でやるとなかなか難しいですよ。

 来月号で引き続き紹介します。ぜひお子さんやお孫さんと英語で遊んでみて下さい♪


私事ですが、あっという間に一番下の子が1歳になり、少しずつ言葉を真似ようとしています。「ななな!」と「バナナ」のことを言っています。また機嫌が悪い時に「電気やる?」と言うと、電気を引っ張れる喜びで急に笑顔になります。言葉らしい言葉はまだ発していなくても言われていることがよく分かっていて、まだ歌えなくても「きらきら星」が大好きで日本語でも英語でも関係なく歌うとジェスチャーをして踊っています。このような反応を見る度、「子どもは語学の天才だ!」と思います。

当スクールでも、強制的に言葉を教えようとせず、極力英語も自然に習得させてあげたいといつも思っています。

また、3月末は中学、高校受験の塾通いのために退会する生徒さんが数名出る時期で、いつも来てくれた生徒がいなくなる寂しさを感じます。退会する生徒さんには通学は一時的に無理でもぜひ英語を継続してもらいたいと願っています。常に触れる日本語と違い、英語は身に付けても触れていないと忘れやすいので、ぜひ継続して下さいね。  

"We can do anything we want to do if we stick to it long enough." Helen Keller

「もし十分長くやり続けるなら、 やりたいことはどんなことでもできます。」 - ヘレン・ケラー

If at first you dont succeed, try try again!

最初は成功しなくても、何度も挑戦しよう! (英語でよく使うフレーズ)







[PR]

by TokyoPassport | 2015-03-01 06:26 | 英語教育 | Comments(0)

学んだことはすぐに忘れる!? 忘却曲線


 新学年に向けて新たな入学者が増える時期です。これから新しく英会話を始める生徒さんは、英語がどれだけ話せるようになるかな、と期待を膨らませていることと思います。ぜひ目標を持ち、毎度のレッスンを楽しみながら習得していってもらいたいです。

宿題が毎度出ますが、ぜひレッスンの翌日までに取り組まれるようにお願いします。特に小学生は宿題がどのページかは覚えていても、次のレッスン直前でやろうとすると1週間も経っているのでやり方が分からなくなってしまったり、「習ったけど忘れたなぁ。」と頭を悩ませている生徒さんがたまに居ます。残念ながら学んだことは時間が経つと忘れてしまうのです。

ドイツの心理学者、ヘルマン・エビングハウスの”Forgetting Curve”(忘却曲線)の表は、ランダムな単語を憶えてから、どのぐらいの期間忘れないでいるかを測定した結果をグラフにしたものです。グラフを見ると時間の経過と共に記憶している量が一気に減るのが分かります。2日目ではせっかく憶えた事のうち約7割も忘れてしまうという実験結果が出ています。学んだことを早い段階で記憶に呼び起こせば定着しやすくなります。ですから、宿題を早めにすることは大切です。これを家のルールとし、レッスン翌日に宿題をする習慣がつけられるよう、どうか保護者の方々にはお声掛けをお願いします。

また「間違いは習得への道程」です。特に子どもの宿題を見ていると、ついつい「間違ってる!!何やってんの!!」と言いたくなることがあるかもしれませんが、7割正解していればOKとするくらいの気持ちで見守って下さい。皆、たくさん間違えながら学びますし、間違いの中には素晴らしい間違いもあります。例えば“I goto skool”と書く子どもなら、”go to”とつながって聞こえるから二つの単語と分かれているとは思わなく、まず耳できちんと聞き取れているから間違えています。またskoolc, k, q/k/の音だということが分かっている証拠です。ある程度理解できているからこその間違いが多いので、叱らず見守ってあげて下さい。私達はそれぞれの間違いを見て、その子どもがどの過程にいて、今何を習得すべきかを見極め指導していきます。まずは取り組もうとする前向きな気持ちを育てるよう保護者の方々と協力しながら1年を過ごせればと思っております。


[PR]

by TokyoPassport | 2015-02-07 22:38 | 英語教育 | Comments(0)

コミュニケーションの語源 

amazing sheep and new year 目指そう、本来の意味での「コミュニケーション」!!

新年、あけましておめでとうございます。本年もスタッフ一同、皆様に英会話を楽しみにしていただけるようなレッスンを提供したいと思っております。本年もどうぞよろしくお願い致します。


http://previews.123rf.com/images/mariusz_prusaczyk/mariusz_prusaczyk1104/mariusz_prusaczyk110400137/9341012-3d-learn-share-crossword.jpg今年の1月号では「コミュニケーション」について書きたいと思います。「コミュニケーション=会話」と一般的に訳されていますが、“communication”の語源はラテン語のcommunis”com=共に、munus=贈り物)で、共有すること、分かち合うこと」という意味です。話し言葉や書き言葉に限らず音楽や絵画でも伝えようとしていることを受け手が感じ、その意味を共有できることが”communication”ということになります。日本の“communication”は単に「言葉で伝える」と捉えられている気がしますが、大切なことは情報を伝えるだけでなく、伝えたいことの意図、感情や思考を言葉やジェスチャーで伝え、心が通じ合いお互いが満足できる関係を築くことです。コミュニケーションの基本はやはり言葉ではありますが、人間のコミュニケーションは9割近くが非言語で行われています(伝える時に相手が受け取る要素は「声の使い方38%」、「ボディランゲージ55%」そして「言葉はたったの7%」)。幼児でも、先生の言ったことに言葉では返せなくてもきちんと反応し、立派なコミュニケーションが成り立っています。「会話ができなくて」とよく聞くことがありますが、先生の冗談に笑ったり、生徒さんの冗談に先生が笑ったり、皆さんcommunicationを立派にされています。(1月にはボディランゲージに頼れないテレフォンカンバセーションも大人クラスで実施しますので、チャレンジを楽しみにしてください(笑)。)

小学生クラスでは、昨年12月のレッスンで、当校の生徒たちがアメリカの小学生へ質問をし、それに答えてもらっている時の様子をビデオ撮影し、レッスンの中で観ました(全クラスできなくてすみません。)。「どんなクッキーが好き?なぜサンタはプレゼントを配るの?どんなプレゼントが欲しい?」等々。アメリカの小学校で質問に答えてくれている子供たちの答えからは、アメリカならではの答えから日本の子供たちと全く同じ感覚の答えもあり、ビデオを観た子どもたちはとても興味津々でした。直接会っての会話ではありませんでしたが、自分たちとは違う国の子供たちが自分たちと同じことを想っていたり、全く違う価値観があるということを実感できました。このような体験の積み重ねや、アメリカ、イギリスからの先生たちと接しながら、より多くの気持ちを共有する場面を体験することで、きっと自分の世界を広げ、どんどん気持ちを共有できる範囲が広がっていくことでしょう。そして、いつか世界のどこへ行っても、自分とは違う価値観を受容する力を身に付け、多様な社会のなかで、共に生きる力を育むために、私達もそのお手伝いができるよう、これからもスタッフ一同邁進して参ります。今年もすべての生徒さんが、自分とは違う国の先生たちと英語というツールを通して、伝えたい事を共有する体験を沢山して頂ければと思っています。
[PR]

by TokyoPassport | 2015-01-05 08:51 | 英語教育 | Comments(0)
line

日々生徒さんとのやりとりで感じたことや英語教育に関することを中心に書いています。TPAの生徒様をはじめ、今後ご入会を検討して頂いている方、英語教育に関心のある方にも読んで頂けるとうれしいです。 www.gakuin.co.jp


by TokyoPassport 辻井 清江
line
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31