カテゴリ:スクールやレッスン( 26 )


TPA サマースクール 2018 パチンコ作り、光るスライム作り

毎年メインのアートに頭を悩ませますが、今年はすんなりパチンコに決定しました。

皆で子どもの頃好きだった遊びの話をしている時、私が子どもの頃に商店街に1台あったパチンコ台で10円玉を何枚もつぎ込んでいた話で、パチンコに決定してしまいました。決めるのは簡単でしたが、子どもたちが作れる方法でのパチンコ作りはかなり難しかったです。小学生に釘が打てない、ピンに当たる時にいい音がするもの、ピンを何度もやりなおしできる素材、角のカーブの素材等、試行錯誤の末、何とか3度目にして納得できるものが完成しました。


「パチンコ」と言うと、イメージが良くないのですが、スマホやパソコン、ゲーム機が発達するなか、子どもたちに手作りのおもちゃの良さを感じてもらえればと思っていましたが、想像以上に子どもたちが喜んでくれました。まずは手作りパチンコを見た時点から、「やりた~い!」と大騒ぎ。体験すると、「早く作りた~い!」とやる気満々でした。

c0351279_15530701.jpg
c0351279_15523146.gif

最初にデザインを考えました。ドラえもんのキャラクター、海の中、かわいいプリンセス、動物たち、個性あふれるデザインを描くことができました。

c0351279_15532627.jpg

c0351279_15533428.jpg
c0351279_15534959.jpg

次は、パチンコ台を組み立てる作業ですが、普段騒ぎがちな子どもも集中して英語での説明を静かに聞いていたり、適当に作るタイプの子どもも完璧に作ろうと集中して取り組んでいる様子から、みんなのパチンコへの期待度が大きいことが分かりました。


*作業中の様子も写真を撮りたかったのですが、グルーガン、瞬間接着剤など危険なものが多くて写真を撮る余裕がなかったです。


また、スライムは子どもたちからの毎年リクエストがあるので、去年は「シェービングクリーム」を入れた「ふわふわスライム」にしたり、今年は「蛍光塗料」を入れた「光るスライム」にして少し変えながら毎年作っています。

できたスライムを黒いカーテンの中で見て、大興奮でした。


c0351279_15570638.jpg

家でも頑張って作ったパチンコ、スライムで楽しんでね。


[PR]

by TokyoPassport | 2018-08-21 15:46 | スクールやレッスン | Comments(0)

“Build Me Buttercup” TPA サマースクール 2018 ソング

2日間のサマースクールが終わりました。

今年もピンボールゲーム(パチンコ)作り、光るスライム、クッキング、アウトドアアクティビティなど盛り沢山の内容でした。

まずは、歌のご紹介から。映画「メリーに首ったけ」でも使われた"Build Me Up Buttercup"をアリッサのウクレレ演奏で、皆は手遊びをしながら歌えるようになりました!

c0351279_11451587.jpg
c0351279_11452337.jpg

曲をご存じない方は、↓をご覧ください。

 



Build Me Up Buttercupby Foundations 



歌と手遊び

Why do you build me up Buttercup, baby (両手をグーで上下を交互にトントン)

c0351279_11482613.jpg
 

Just to let me down (両手を下に下げてdownのイメージ)

c0351279_11485976.jpg
 

and mess me around (人差し指をグルグル回す)

c0351279_11503500.jpg


And then worst of all  (1番のイメージ)

c0351279_11533190.jpg

you never call, baby (電話のイメージ)

c0351279_11533847.jpg

When you say you will but I love you still (心臓に手を当ててI love youのイメージ)

c0351279_11542130.jpg


I need you

c0351279_11543637.jpg

more than anyone, darlin'

c0351279_11555555.jpg

You know that I have from the start

c0351279_11533190.jpg

So build me up Buttercup,

c0351279_11482613.jpg

don't break my heart (心臓の前でハートを作ります)

c0351279_11570989.jpg


*build someone up は「~に期待を抱かせる」

*buttercup の元の意味は「キンポウゲ科の花」ですが、愛する人を呼ぶ”sweetheart/ sugar/ honey”と同じ感じです。

ですので、歌のタイトルは、「愛しい人、僕に期待を持たせて」といった感じでしょうか。


とても歌いやすく覚えやすいので、ぜひサマースクールに参加しなかった子たちも歌ってみてね。



[PR]

by TokyoPassport | 2018-08-18 12:06 | スクールやレッスン | Comments(0)

横田基地イベント 2018

716日(海の日)、大型バス2台で福生市の横田基地へ行きました!

c0351279_16163527.jpg
c0351279_16393004.jpg


バスの中は、”WitchDoctor”の歌やアメリカや横田基地についてのクイズを楽しみました。 クイズでは、横田基地にゴルフ場はあるか?学校は何校あるか?映画館やレストランの数など、初めて横田基地へ行く子どもたちにとっては見当もつかないことでした。横田基地には約5万人の人が住んでいるのです。

アメリカについての質問は↓のものです。

Q1. How many stars are on the American flag? 50/ 60/ 100?

Q2. What month does school start in America? April/ September / January

Q3. What is the capital city of America? NewYork City / Los Angeles (L.A.) / Washington D.C.

Q4. Who is the President of America? Barack Obama / Shinzo Abe / Donald Trump

Q5. What state is closest to Japan? California /  Hawaii  /  Alaska

最後のQ5が一番の難問でしたが、答えはアラスカになります。みんなハワイは馴染みがあるんですよね。

c0351279_15143255.gif

そして到着後は、まずBBQ会場へ。犬の着ぐるみを着た軍人さんに迎えられ、子どもたちは大騒ぎでした。


c0351279_17005841.jpg


このイベントのスポンサーとなってくれた軍人さんたちが猛暑の中、外で焼いてくれたハンバーガーやソーセージを室内の涼しい部屋でハンバーガーやホットドックにして頂きました。
c0351279_11154370.jpg
c0351279_11170939.jpg


次は、飛行機見学へ。滑走路でたくさんのパイロットが出迎えてくれC-130(輸送航空機)に乗せてもらい、コックピットの中も見学しました。また停まっているオスプレイなども間近くで見ることができて、飛行機好きには興奮でした。

c0351279_16183030.jpg

c0351279_16310856.jpg
 
c0351279_16305793.jpg


その後、軍の消防車と設備や、K9(警察犬)の実演訓練も見学させてもらいました。消防士から衣服に火がついた時の消火の仕方を教わりました。衣服に火がついてしまったら、普通びっくりしてとっさに走ったり手で払おうとしてしまいがちですが、余計に火が燃え上がるので絶対ダメで、アメリカでは、”Stop, drop and roll(止まって、倒れて、転がる)というルールを子どものころから教えているのだそうです。

c0351279_16315951.jpg
c0351279_16335223.jpg
c0351279_11180340.jpg

また、警察犬の訓練はイベントの予定になく、「K9訓練が見られたら子どもたち喜ぶんじゃない?」と、急遽呼んでくれました。軍のスポンサーの方々のホスピタリティは素敵だなと感じました。


最後は、9歳以上は現地のユースセンターにて現地の子どもたちと折り紙や卓球の文

化交流をしました。8歳以下は、BBQエリアで、中で跳ねて遊ぶBouncy Castle,

ゲームを楽しみました。


暑い中、BBQの会場準備から、食事の準備、片づけを手伝ってくれ、Bouncing

Castleなど遊具を準備、片づけしてくれ、団体入場許可申請を手伝ってくれたり、

Ramsey, Alvin, Tim, David、横田基地の軍人さんの方々のおかげで子どもたち

の満足な笑顔をたくさん見ることができました。

また、この横田基地イベントを通して、日本と違う文化を子どもたちが感じてくれていたら嬉しいです。


[PR]

by TokyoPassport | 2018-07-25 16:36 | スクールやレッスン | Comments(0)

幼児 イングリッシュ・フェア 2018.6.2開催

昨日はスクール20周年を記念して幼児を対象にイングリッシュ・フェアを開催しました。お祭り雰囲気で、楽しく英語に触れてもらえればと企画しましたが、当スクールの生徒さんに限らず、近隣にお住いの方々からもご参加頂き、定員での開催となり、ご参加いただきました25組の親子の皆様方本当にありがとうございました。中には初めての外国人との交流となった子どももいて、ブロンズの髪のAlyssaを見て「何で白い髪なの?あの人違う。怖い135.png!」とお母さまに訴えていた子もいましたが、歌や「すりかえ仮面」が始まれば、元気に参加している様子を見てとてもうれしかったです。初めての英語体験や外国人との交流が楽しいものと感じてもらえることが何よりです!


c0351279_17581442.jpg


イングリッシュフェアでは、Rainbow songで英語の色に慣れ親しんだ後、Spot the differences(間違い探し)でウォームアップしました。間違い探しは、NHK番組「おかあさんといっしょ」の「すりかえ仮面」が大好きだった娘からヒントをもらい、これをパクって「すりかえ、すりかえ、すりかえ、チェンジ♪」をMagical,magical, magical change♪“としました109.png

c0351279_06440773.jpg

そして、メインイベントの「ぷよぷよボールすくい(Scooping Squishy balls)」と「ボーリング(Ten Pin Bowling)」を楽しみました。「ぷよぷよボールすくい」では、すくうもの(ポイ)を厚めにしましたが、2歳児さんには少し難しいようでしたが、何とか何個かすくうことができていました。すくう時の真剣な表情、ポイに穴が開いて悲しい顔、ボールが取れれば満面の笑み。この表情豊かでストレートなところが幼児と接していて本当に楽しい部分です。ぷよぷよボールはきれいですし、感触もいいので、大人でもやりたくなりますよね。ぷよぷよボールの魅力で、きっと大人も幼児と同じ表情をするかもしれないですね106.png

c0351279_06444828.jpg

ボーリングは誰もがピンを倒せるようにビーチボールで挑戦としましたが、2歳さんには目の前にボールを投げることも難しかったりするんですよね。でも、1本でも倒れればうれしく、年中さん、年長さんは上手に倒して誇らしげな顔125.pngまた、トンネルをくぐったり、すきな虫を選んで野原を虫で飾ることなど楽しみました。

c0351279_06445846.jpg

 















最後はお決まりのCotton Candy! (綿菓子)!  イベントではスタッフは色んなアクティビティを準備してますが、子どもたちから「綿菓子が一番うれしかった!」と言われてしまうほどで、綿菓子には勝てません。 今日の体験をきっかけに皆さんが英語に興味を持ってもらえるとうれしいです。ぜひ、また遊びに来てくださいね。 

c0351279_06451157.jpg



c0351279_06452189.jpg


[PR]

by TokyoPassport | 2018-06-03 06:54 | スクールやレッスン | Comments(0)

「小学生英会話」レッスンレポート ~静電気実験! ~

今月のサイエンスでは、「静電気」について体験しました。

静電気で引き寄せられるもの、反発するものを推測してから実験しました。正確には「引き寄せる」=attract, 反発する=repelですが、小学生には少し難しいので、「引き寄せる」をpull, 「反発する」はpushを使いました。


まずは二つの強力磁石を使い、机に置いた磁石が反発して逃げるように動くことと、反対に引き寄せられてポンっとくっつくpull, pushの2つの反応を体験しました。その後、風船や磁石と様々な物を使いpush””pullまたはnothing(反応なし)のどの反応をするか実験をしました。


c0351279_12164427.jpg

教室の壁掛け世界地図はフェルト製なので、静電気を作るには最適で、世界地図以外の用途で大活躍してくれました!




c0351279_12173291.jpg




子どもたちは必死に風船をこすり、まずはお決まりの髪の毛を逆立たせて笑い104.png、それからアルミ缶が引き寄せられる様子や、用紙の下に風船がくっついて落ちない様子や、手にくっついた風船などを楽しみました。Rub more!“(もっとこすって!)とか、charge(電気をためる)などの言葉にも慣れ親しみました。



実験後は…、c0351279_12155530.jpg

もちろん風船を持ったら遊ばずにはいられないですよね109.png

静電気でビニールテープは反発するので、ビニールテープでクラゲを作って空中に浮くクラゲを楽しむこともできます。ぜひ、ご自宅でもやってみてください! ↓のサイトにやり方が詳しく書かれています!

http://www.morinogakko.com/classroom/rika/jikken/seidenkikurage/index.htm 


[PR]

by TokyoPassport | 2018-05-12 12:24 | スクールやレッスン | Comments(0)

「シニア脳トレ英語」レッスンレポート

~自分の持ち物を英語で説明して、紛失したカバンを取り戻そう! ~


昨日の「脳トレ」クラスのレッスンの場面はLost and Found「遺失物取扱所」で、自分のなくしたバッグを報告して返してもらうというミッションにチャレンジしてもらいました。

まずは、自分たちのカバンの中のものを英語で言う練習をしました。簡単そうで、日本語英語が影響して、間違えやすい単語を学びました。


財布=wallet *purseは「小銭入れ」や、「女性が持つ小さなカバン」を意味します。

c0351279_13141942.gif

小銭入れ= purseまたはcoin purse。 *「コインケース」とは言いません。


スケジュール帳=notebook。一般のノート(notebook)と区別せずに使います。

*辞書にappointment bookと書かれているものもありますが、会話ではIll write it inmy notebook.(スケジュール帳に書いておくね。)というようにnotebookを使うのが一般的です。ノートと区別したい場合はCalendarも使えます。


c0351279_13242144.jpg

キーホルダー=Key chain *"Key holderと言うと玄関に鍵を収納する物になってしまいます。この写真の"Key chain"は私の好きな出川さんです113.png


老眼鏡=Reading glasses


携帯電話=Cell phone  *スマホならsmart phone、ガラケーならflip phone。 *flipとは、コインを投げて裏表を当てる時にはflip a coinのように「ポンと弾くこと」や、flip overと言えば、「ページをパラパラめくる」「紙を裏返す」のようにflipは「紙をめくる」という意味もあります。


c0351279_13241504.gif

言葉を覚えた後は、生徒さんへそれぞれカバンを渡し、そのカバンの中身を言ってもらいました。このカバンがご自身のカバンで、その後、失くしてしまうものですから、きちんと確認しました。老眼鏡だったり、財布だったり、財布の中にどんな身分証明書があるか、カードや現金の他、飴ちゃんバッグが入っていたり…。そして、そのカバンは急になくなり、Lost and Found(遺失物取扱所)に届けられることになります。


次は、カバンの中身を伝えるミッションにチャレンジするのですが、その前に、Are you a big-bag person, a small-bag person or a no-bag person?(大きいカバンを持つタイプ、小さいカバンを持つタイプ、カバンを持たないタイプ)の話題で会話をしました。そのため、自分のカバンの中に入っていたものの記憶が少し薄れてしまったので、記憶力トレーニングにもなりました。


最後は、皆さんミッションをクリアして、無事に自分のカバンが返ってきました!

ちなみに、小さいカバンを持つ人は決断力のある人で、大きいカバンを持つ人は優柔不断な人と聞いたことがあります。私はいつもカバンに必要になりそうなものすべて持ち、典型的なBig-bag personです。昔はそうではなかったのですが、ムーミンのお母さんが子どもたちに必要になりそうなものを何でも持っている場面を見てから、飴ちゃんバッグ、ウェットティッシュ、お絵かきノートなどはカバンから外せません! 小さなハサミとかも入っているのですが、何か開けづらいものがある時、子どもの伸びた爪を急に切りたくなった時等、とても便利です110.png


What do you have in your bag and how much money do you have in your wallet?

万が一の場合に備えて、皆さんも英語で答えてみてくださいね109.png



[PR]

by TokyoPassport | 2018-05-10 13:40 | スクールやレッスン | Comments(0)

~Kids Fun Quiz~ クイズ!何問こたえられる? 

今年度最後の小学生英会話レッスンは、チーム対抗クイズ対決!

c0351279_14462997.jpg


動物に関するクイズで、子どもたちが答えを考えて、チームで相談してもらいたく、私が答えを知らなかった問題を多く選びました109.png

クイズ1問正解で、5ポイントから30ポイントまであるので、いつでも逆転チャンスがあります!

低学年から高学年まで力を合わせて頑張りました。

クイズの答えは下にありますので、まずは答えを見ないで考えてみてください。

Q1. Which animal kills the most people?

 Lions, sharks or hippos

Q2. Which animal can’t jump?

 Horse, elephant or penguin

Q3. Which animal do you think sleeps the most?

 Sloth, snail or bears

Q4. Which animal can’t swim?

 Elephant, hippopotamuses or cats

Q5. When gorillas are happy, they ….

 burp, do a handstand or thump their chest

Q6. What creature do you think has the most hearts?

 Octopus, squid or earthworm

Q7. What is the name of this shark?

c0351279_14515478.jpg

 Whale shark, hammerhead shark or baby shark

Q8. Which animal can’t climb a tree?

 Goats, monkeys or giraffes

Q9. What is the name of this snake?

c0351279_14515006.jpg

 Cobra, anaconda or rattlesnake

Q10. How many legs does a crab have?

 6, 8 or 10   

ここからは子どもたちの担当講師に関する問題です。

Q11. Where is Alyssa from?

 Australia, the USA or India

Q12. What is Zach’s favorite food?

 Pizza, steak or natto



クイズの答え↓

Q1 「どの動物が一番多く人を殺しているか?」は“shark”と答える子が一番多かったのです。答え:ライオンです。

Q2 「ジャンプできない動物は?」 これは簡単と思いきや、horseだと思う子も何人か 105.png    答え:ゾウ

Q3 「一番長く寝る動物は?」 sloth(ナマケモノ)と思いますが、ナマケモノは120時間くらい寝てるそうです。答え:カタツムリ (2年以上寝ることもあるそうで…152.png152.png152.png)

Q4 「泳げない動物は?」 犬は泳げて猫は泳げないと迷信になっているようで、子どもたちは自信満々でcatsと。  答え:カバ (川にいても歩いているそうです。)

Q5 「ゴリラがうれしい時にすることは?」 答え:ゲップ149.png

Q6 「心臓が多い生き物は?」 イカ、タコは3個、ミミズは5個 答え:ミミズ

Q7 「このサメの名前は?」 子どもたちから「頭がハンマーみたいだから、絶対hammerhead shark!」と… 正解!!  (中にはこの答えがひっかけと思う子もいて、面白いですね。)

Q8 「木に登れない動物は?」 ヤギは木登り上手なんです。 答え:キリン

Q9 「このヘビの名前は?」 答え:ガラガラヘビ  おもちゃのガラガラは英語でrattle そのままrattlesnakeです。

Q10 「カニの足の数は?」カニの絵を見ないと足が何本あったか分からず6本の答えが多かったです。

 答え:10本? 8本? (正確には10本みたいなのですが、上についてる2本が腕か足なのかで議論になりました。専門的なことは私たちにも分からないので、どちらも正解 !)

Q11 「アリッサの出身は?」 これは不思議にも「ボストンだから、オーストラリア!」と。ボストンを覚えていたのに、ボストンがどこだったか忘れちゃった子がいました。 答え:アメリカ

Q12 「ザックの好きな食べ物は?」  答え:ステーキ (日本のステーキより、アメリカのステーキの方が好きだそうです。不思議111.png…)


クイズって大人も楽しいですよね。「日本語でやって面白くないことは、英語でやっても面白くない!」とは、英語教育でよく言われる言葉です。「楽しいかな?」と考えながら作るプランや準備は私も楽しくなります。そして、子どもたちの目が輝いていると、幸せになります。

c0351279_14464942.jpg

c0351279_14471510.jpg


[PR]

by TokyoPassport | 2018-03-24 14:58 | スクールやレッスン | Comments(0)

⛄ ユダヤ教のゲームDreidel(ドレイドル) で遊ぼう!

もうすぐ、クリスマス、そしてお正月ですね。お正月は凧揚げや駒、カルタやすごろく…、と懐かしい遊びをする時期ですね。時代と共に、DSなどのゲームに取って代わられてしまっていますが、ぜひご家族でも昔遊びも楽しんでみて下さい。

スクールでは年内最後の小学生クラスでは「ドレイドル」というゲームで楽しみました。

サイコロとお菓子があればできる簡単な遊びですので、レストランの待ち時間やちょっとした所で家族や友だちと楽しめます。私は3歳の娘、彼女のお友達と一緒に楽しみました。

c0351279_16110437.jpg

【材料】

◆ キャンディかチョコ (スクールではおはじきを使いました)

◆ コマ(激ピカのキューブスポンジに爪楊枝を指して、”Put in” “Pass” “All” “Half” と4面に書いて出来上がり!)

【遊び方】 

1.プレイヤーにそれぞれキャンディを6個渡します。(10個でもOK。)

2.一人1個ずつ、キャンディを机の真ん中に置きます。

3.サイコロを振り、出た文字に従います。

◆ All = take everything 真ん中のキャンディ全てがもらえます。

◆ Put in = put one in  自分のキャンディを真ん中に1つ出さなくてはいけません。

◆ Pass = do nothing  何もせず、次の人へ。

◆ Half = take half   真ん中のキャンディの半分がもらえます。

Allが出て、真ん中のキャンディがなくなると、各プレイヤーが1個ずつキャンディを出してゲームを続け、誰かのキャンディがなくなったら終わりです。その時に持っているキャンディがもらえます。

クラスでは、”All, all, take it all!”, “In, in, put one in!”, “Half, half, do the math!” など言いながら行いました。

Dreidelは、ユダヤ教の「Hanukkah(ハヌカ)光の祭り」の遊びで、駒を使って遊ぶギャンブルゲームです。それをTPAでは「おはじきが何個取れるか」という風にアレンジしましたが、小学1年生から6年生まで想像以上に盛り上がりました。

おはじきの代わりにキャンディやチョコなどにするともっと盛り上がりますよ。また幼児からも楽しめます!

c0351279_16145439.jpg


[PR]

by TokyoPassport | 2017-12-20 16:19 | スクールやレッスン | Comments(0)

「シニア脳トレ英語」クラス モニターレッスンを終えて

当校では、11月より「シニア脳トレ英語」クラスを11月より開講する運びとなりました!開講して6年が経つ「シニア英会話」では、ネイティブとの会話が全く初めての方には難しいという意見も頂戴したこともあり、「英語を始めてみたい!」と思われた方々が楽しめるクラスを目指しています。


先週、シニアの方々にお集まり頂き、「シニア脳トレ英語」モニターレッスンを実施。

モニターレッスンのテーマはJapanese English (和製英語)。講師はアメリカ人のZachと私で担当しました。まずは、自己紹介を兼ねて「記憶力ゲーム」でスタート。記憶力との戦いに皆さま必死でした。


次は、懐かしの「山手線ゲーム」‼ 英語レッスンですから、駅名ではなく”Colors”で行いましたが、色を英語で言うことよりも、他の人が言った色を覚えることが私を含め難しかったです105.png 。そのため、2回目は私がJudge(審査員)となり、皆さんが言ったものを書き留めることになりました! 


c0351279_11440618.jpg


すっかり和んだところで、今日のテーマ「和製英語」に入り、写真を見て”What’s this?”の質問に「ホッチキス! マンション! マジックテープ! シャーペン! トレーナー!」等、活気あふれる返答が飛び交いました。ホッチキスはstapler, マンションはapartment, マジックテープはVelcro, トレーナーはsweatshirt など、今日は13個の通じない和製英語を学びました。

c0351279_11491250.jpg


その後、今度は学んだ単語を使い、2チーム対抗で「脳トレゲーム」🌠

チームで協力し合い盛り上がりましたが、今日の結果は同点でした!


c0351279_11433827.jpg

最後に、今日学んだことをプリントで確認して、終わりは「何でも質問タイム」です。普段から疑問に思っていることなど、外国人に聞いてみたいこと等、日本語でも英語でも質問できるタイムです。「これも通じないの?」というテーマに関連するものでは、”2 in 1”は英語?というものから、写真を撮るときの「はい、チーズ!」の英語は?など、いろんな質問がありました。

c0351279_11434998.jpg


いくつになっても新たなことにチャレンジする方々は本当に魅力的で素敵だと思います。このクラスが生徒さん同士の新たな交流のきっかけになれば、とてもうれしいです。また、「脳トレ英語」クラスの時間が皆さまにとって楽しい時間となれば、本当にうれしいです。


Anyone who stops learning is old, whether at twenty or eighty. Anyone who keeps learning stays young. The greatest thing in life is to keep your mind young. - Henry Ford
20歳であれ80歳であれ、学ぶことをやめてしまった人はだれでも年老いている。学び続ける人はだれもが若い。人生で一番大事なことは、自分の気持ちを若く持ち続けること。

-ヘンリー・フォード



[PR]

by TokyoPassport | 2017-10-13 11:50 | スクールやレッスン | Comments(0)

小学生のレッスンの様子 

   

先月の小学生クラスでは水を使った実験をしました。

一つ目は、水を入れたコップを通して絵や文字を見るとどう見えるか?という実験です。

結果は、左右が反転します。➡なら同じ方向の➡を書いても、水がある部分は逆向きになります。


c0351279_10241879.jpg

c0351279_17093720.jpg

c0351279_17104021.jpg

文字では、まず生徒の名前や習った単語を逆向きで見せて、読めるか質問した後、水を通して読むと、普通の文字になり、「あ、〇〇〇だ!」と読めます。鋭い子は逆向きでもすぐに読めちゃいましたが 105.png  

c0351279_17120324.jpg
 
c0351279_17122754.jpg
 

この理屈は、コップに光が当たって屈折する光の屈折(refraction)と言います。

コップは水平方向に曲がっているので、物体から出た光は水平方向(コップの内側の方向)に曲がり、コップの先で光が交差します。

*Refractionis the bending of light and it happens with sound, water and other waves as itpasses from one transparent substance into another.


最後の実験は、「理想気体の状態方程式”ideal gas law”」の実験をしました。名前からして難しいのですが、内容も難しく私たちには説明どころか理解するのも無理だったため、サイエンスではなく、マジックショーということで楽しみました。ご自宅でもできますから、ぜひやってみて下さい。

1. お皿にロウソクを立てて、水を入れます。(クラスでは粘土の上にマッチを立てて、火をつけました。)

2. 火がついて数秒後にグラスをかぶせます。

3. 火が消えて少しすると、お皿の上の水がすべてグラスの中に入ります!

c0351279_17135551.jpg
c0351279_17141172.jpg
c0351279_17142810.jpg


理屈は、「ワオ!科学実験ナビ」のサイトの言葉を使用させて頂くと…

「ろうそくの火のまわりの空気は熱せられて膨張します。点火したろうそくにコップをかぶせると、コップ内は空気が少ない状態になります。ろうそくの火が消え空気が冷やされると、コップ内の空気の圧力は減ります。また、ろうそくが燃焼することでコップ中の酸素がなくなると、ろうそくの火は消えます。できた二酸化炭素は水に溶けるので、コップの中には気体があまり残らず圧力が減ります。これらのいくつかの要因によって、コップ内の空気の圧力は減り、コップの外の大気に押されて水はコップの中に入っていくのです。」とのことです。  

高学年の子や科学が好きなこの中には、この実験結果も分かる子がいましたが、ほとんどの子たちが興味津々でした。低学年の子はマッチの火を見ただけで盛り上がってくれるので、本当に可愛かったです110.png


[PR]

by TokyoPassport | 2017-05-23 17:19 | スクールやレッスン | Comments(0)
line

日々生徒さんとのやりとりで感じたことや英語教育に関することを中心に書いています。TPAの生徒様をはじめ、今後ご入会を検討して頂いている方、英語教育に関心のある方にも読んで頂けるとうれしいです。 www.gakuin.co.jp


by TokyoPassport 辻井 清江
line
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31