リスニングの伸び悩みを克服しよう!

英語は勉強してきたけれど、「英語が聞き取れない」という悩みは多くの方に共通していると思います。まず相手の言っていることが聞き取れて会話が成り立ちますから、リスニングはとても大切です。リスニングには様々な教材がありますが、今回はお一人で取り組みやすいものをご紹介します。


1. NHK語学のラジオを聴く。 https://cgi2.nhk.or.jp/gogaku/english/

ラジオは放送日時を確認して聞くだけでなく、インターネットで登録すれば、聞き逃した放送分も聞きたいときに聞くことができます。(上記のサイトから、マイ語学で学ぶ⇒ストリーミングをクリックします。)

テキストは書籍のものと電子版がありますので、お使いになりやすい方を定期的に購入し、ラジオを聞き、テキストで内容を確認、再度聞いてみる、という地道な練習を継続していくことで、徐々に力がついてきます。

 ラジオ番組はたくさん種類がありますが、以下3つご紹介させて頂きます。
1. Enjoy Simple English 曜日ごとに内容が違い、様々なテーマの英語が聞けます。↓のような予定になっています。テキストは電子版もあります。


2. ラジオ英会話 
 https://cgi2.nhk.or.jp/gogaku/english/kaiwa/ 

 少し難しい表現も多く含まれますが、ダイアローグ多くて解説も詳しいです。
3. 攻略 英語リスニング https://cgi2.nhk.or.jp/gogaku/english/kouryaku/

  •  中級以上用のラジオですが、身の回りの出来事など様々なテーマの話がナチュラルスピードで話されます。単語の解説から学習法が詳しくテキストに書かれています。


    2. Shadowing テキストや自分のレベルに合ったリーダーのCDを活用してシャドーイングする。

Shadow”は「影」という意味ですが、「シャドーイング」というのは英語の学習法の一つです。聞いた英語を即座にそのまま自で口に出す(影のように後を追う)方法です。効果は、

1. 「リスニングが伸びる」 何となく聞いているのとは違い、その文章を再生しなくてはいけないため、注意して聞きます。意識して聞くことで音が記憶に残りやすくなります。

2. 「自分で使える表現が増える」 誰もが「聞いて分かる表現」と「自分で使える表現」の差があります。口に出して言う練習をすることで、「聞いて分かる表現」が徐々に「自分で使える表現」の方に移ります。

3. 「語彙力、前置詞や文法知識が定着しやすい」 「今の単語、前置詞何だっけ?」という体験をすると思います。その中で自分の弱点にも気付くことができます。
(効果は以前も書きましたが繰り返しました。)

3. お気に入りの映画をとことん何度も聞く。
あまり英語が難しくない映画(フォレストガンプ、ターミナルなど)で大好きなもの(何度でも観て良いと思えるもの)を一つ選び、日本語で内容が分かってから、英語の字幕で英語で何度か聞く。全部やるより1シーンごとされると良いと思います。最後は字幕を取って聞きます。


4. TOEIC試験のリスニングの部分にチャレンジしてみる。
TOEIC試験はリスニングとリーディング50%ずつのテストです。ビジネス英語の試験というイメージが強いですが、リスニングは様々な場面で話される会話やアナウンスなどの聞き取りがほとんどです。よく使用する表現がたくさん出てきますし、ナチュラルな英語にも慣れていきます。(例 What did you get …?  下線部は「ジュ」と発音される等。)990点満点でスコアが出ますので、自分の伸びも客観的に見ることができます。

ご自身に合う教材、方法を見つけ、ぜひ継続し、最後は音読をすることもお勧めします060.gif
I wish you good luck!


[PR]

by TokyoPassport | 2015-03-19 13:19 | 英語学習法 | Comments(0)
line

日々生徒さんとのやりとりで感じたことや英語教育に関することを中心に書いています。TPAの生徒様をはじめ、今後ご入会を検討して頂いている方、英語教育に関心のある方にも読んで頂けるとうれしいです。 www.gakuin.co.jp


by TokyoPassport 辻井 清江
line
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30