人気ブログランキング |

シニア「脳トレ英語」クラス ことわざ編

東京パスポート学院の60歳以上対象の「脳トレ英語」クラスでは、楽しく単語や文章を楽しみながら覚えていきます。今月の「脳トレ英語」クラスでは、有名人の言葉やことわざをクイズ形式で学びました。


ぜひチャレンジしてみてください。


クイズ1 日本のことわざに似た英語のことわざ。

(    ) には何が入るでしょう?答えは裏面にあります。


1. 「お客様は神様だ」  The customer is always ( ).

2. 「長いものには巻かれろ」 If you can’t beat them, ( ) them.

3. 「金が物を言う」 Money( ).

4. 「人は見かけによらず」    Don't judge a book by its ( ).

5. 「雨が降って地固まる」  After a storm comes a ( ).

6. 「美人というも皮一重」 Beauty is only ( )-deep.


クイズ2 次の言葉は誰が言ったでしょう?

次の名言は、↓の6人の言葉です。

マザー・テレサ / カール・ルイス / チャーリー・チャップリン / ウォルト・ディズニー / アルバート・アインシュタイン / バラク・オバマ


7. Peace begins with a smile.

8. Change is never easy, but always possible.

9. A person who never made a mistake never tried anything new.

10. It’s all about the journey, not the outcome.

11. If you can dream it, you can do it.

12. You’ll never find a rainbow if you’re looking down.


日本語と英語で似たことわざを学び、好きな名言やことわざについて会話を楽しみました。

脳トレクラスは水曜日13時半~1420分、60歳以上の方を対象に開講しています。

日本人とネイティブ講師のティームティーチングのため、英語が初めての方でも安心して受講することができます。ぜひご興味のある方がいらっしゃいましたら、お気軽に体験にご参加ください。


クイズの答え

1. right

2. join

3. talks

4. cover

5. calm

6. skin


7. マザー・テレサ

8.  バラク・オバマ

9. アルバート・アインシュタイン

10. カール・ルイス

11.  ウォルト・ディズニー 

12. チャーリー・チャップリン




# by TokyoPassport | 2019-05-18 11:06 | スクールやレッスン | Comments(0)

「ごはんはお替り自由です」の英語は?

昨日は、英語の日イベントで、「英語でミッション レストラン編」のレッスンをしました。講師はポールが担当しました。


レッスンでは、レストランの場面設定で使う基本表現から、外国の定番メニューの発音の仕方や、日本でよくある「お替り自由」「グラスワイン」の正しい英語表現などを学びました。その後、当スクールのスペシャルメニューと食事カードでウェイトレス役とお客さん役で本格的なロールプレイをしました。

お勧めを伝えたり、注文を取ったり、食事の感想を聞いたり、海外旅行に限らず日本で外国人のお客さんを接客するのにも役立つ練習となりました。

c0351279_13202315.jpg

「お替り自由」

の英語は?

よく"free refill"が「お替り自由」に使われますが、ドリンクに使われることが多い表現です。

We have free refill on drinks. (飲み物はお替り自由です)

「ご飯お替り自由」には、

The rice is unlimited.

が一番しっくりくる表現のようです。


その他、bottomless", "all-you-can-eat"も「お替り自由」で使われますから、ご飯でも使えます。

"The rice is bottomless."
"All-you-can-eat rice" 等。

シンプルに言うなら、"Extra rice is free!"が分かりやすくて良いと思います♪

また、"another serving of ~”も使えます。


「ごはん、お替りいただけますか?」は、

"Could I have another serving of rice, please?"

と言うことができます。

「ごはん、お替りいかがですか?」は、

"Would you like another serving of rice?"

と言うことができます。


また「グラスワイン」は正しくは"a glass of wine"。グラスワインと言っても場面的に理解できるでしょうが、日本風に言うと、草(grass) の入っているワインのようなイメージになってしまうそうです。


明日は、英語の日 無料講座② 「英語でミッション 観光地編」があります。まだ残席が数名ありますので、ご興味がございましたら、ぜひご参加下さい!



# by TokyoPassport | 2019-04-17 13:23 | 英語表現 日本語と英語の比較 | Comments(0)

英会話TV番組ご紹介! 英語のインプットを増やしませんか。  

春、新たな気持ちで英語学習に臨む方もきっと多いことと思います。


映画、洋楽、洋書など様々なものが英語の習得に活用できますが、今回はNHKの番組をご紹介させて頂きますので、ご自宅での英語環境作りのご参考にしていただければと思います。TV番組は毎週録画できます。またNHKのラジオ番組はサイトでストリーミングできるようになっています!

各番組のお勧め度は(☆☆☆-☆☆-☆)、私の勝手な感想です。



タイトル:世界へ発信!SNS英語術 

金曜 21302155

対象:高校生~大人  

「旬の英語表現」と「SNSでの発信術」を一度に楽しく学ぶ番組

内容が興味深く、英語表現も学ぶことが多いので☆☆☆


タイトル:基礎英語0 世界ミッション

土曜18:50~1700

対象:小学生    

様々なミッションを3人の子どもが英語で解決します。英語の音に馴染み、簡単なフレーズを学ぶ初心者向け

小学生が興味をもつ題材で分かりやすいのですが、少し日本語が多いところが残念


タイトル: 高校講座 コミュニケーション英語1 

月曜14401500

対象:中学生~高校生 出演 トレンディ・エンジェル

旅館で外国からのお客さんに喜んでもらうおもてなしの英語。あいさつからすぐに実践できる英語表現

英語の使用量が少ない点とトレンディエンジェルが…残念


タイトル: NHK リトルチャロ 

金曜 13:3513:45

対象:全て 子犬のチャロが仲間たちと繰り広げる物語を楽しみながら自然と英語が身につく番組

物語に感情移入して自然に英語が入ってくる点が ☆☆☆


NHK高校講座 ベーシック英語 

月曜 14301440

対象:小学生~中学生 出演 渡辺直美さん

苦手を克服するよう、中学の英文法をシンプルな英語で紹介。日本語で分かりやすく説明しています。

文法の説明が分かりやすいですが、この説明部分が小学生には少しつまらないかも ☆☆


エイゴビート 金曜15451555

対象:幼児~小学生低学年

小学校を舞台にした英語のリズムを耳と体で感じる小学3,4年生向けに作られた番組

英語をはじめた頃にリズムを感じるには良いのですが、物足りない☆


えいごであそぼ with Orton 月~金 6:456:55

対象:幼児~小学生低学年 実験、コント、ダンス、アニメ、英語の「音」あそび。

出演:厚切りジェイソン  

前のエリックさんの時は歌、ストーリーが多く楽しかったのですが、今は日本語が多すぎ


ボキャブライダー on TV  月曜 5:455:50

対象:小学生~大人   出演:寺脇 康文

言えそうで言えない英単語を紹介する語学コメディードラマ、単語の語源やちょっとしたウンチクも満載!

寺脇さんが単語が出てこなくて困る場面からその単語を5分の短さで楽しく学べて ☆☆


 知りたガールと学ボーイ  4月4日()スタート 木曜 19:40

出演 お笑い芸人ミキ、ゆりやんレトリィバァ

中学生レベルの英語でコミュニケーションがとれるコツを実践的に紹介するバラエティー 

学習内容は少なくお笑い半分ですが、ミキは面白い。お笑い好きな子どもにお勧め ☆☆


プレキソ英語  

放送終了しましたが、NHKのサイトで視聴可

対象:小学生  アニメや早口ことば、歌など楽しみながら英語学習できる番組。英語だけのショートストーリーが見ているだけで話の内容が分かるよう作られています。 

日本語を介さず英語だけの部分、自然な場面で英語が繰り返されるところが好き ☆☆☆


言語習得は「コップに水を溜めること」によく例えられ、「言葉にたくさん触れる(インプットする)」ことで、溜まった水がコップから出るように言葉がではじめます。英語が日常生活で使用されていない環境では、コップに溜める英語が少ないこと、またせっかく入れた英語も忘れてしまうことで、話し始めるまでに長い期間を要します。春、新たな習慣をスタートさせませんか。



# by TokyoPassport | 2019-04-12 16:14 | 英語学習法 | Comments(0)

寛容な国 ニュージーランド

ニュージーランドで起こった銃乱射事件に世界中が震撼しました。犠牲者の方々に、心からお悔やみを申し上げます。事件が起きたクライストチャーチに住んでいた私にとっては本当に衝撃的でした。ニュージーランドは先住民族の文化・言語を尊重し、移民、難民も受け入れる寛容な国です。私の通っていた大学でも難民の生徒がいて、人口たった420万人の国ですが、難民の受け入れ枠は年間1000人以外にも、緊急枠で多くのシリア難民を受け入れています。日本は平成29年度の難民認定が25人、難民認定は受けられなかった在留認定者が40人の合計65人です。


ニュージーランドが銃を持っているということに驚かれた方もいらっしゃると思います。ニュージーランドは農作物を荒らす害獣を駆除するために銃を持っている農家の人がいますが、警察でも普段は銃を所持していません。この事件を受けて、銃は破棄されるべきと自主返納した農家の方々が多くいます。また、ニュージーランドのアーダーン首相は半自動銃などの販売を全面的に禁止することを発表し、小さな国だからこその機敏性で迅速に対応しています。彼女の言葉”New Zealand is their home - they are us.”に寛容さが表れています。

(アーダーン首相は世界で最も若い38歳の女性首相です。ニュージーランドは世界で初めて参政権が認められた国です。)


ニュージーランドが世界でも最も安全な国の一つという気持ちは変わりませんが、こうした事件は今後も日本を含め、どこの国でも起こりえると痛感しました。このような想いをニュージーランドの方々も感じています。ここに提携校のオーナーから届いたメッセージを掲載させて頂きます。


We are all in shock inNew Zealand. We thought these things happen only in other countries. New Zealand is famous for its tolerance and friendliness and welcoming of all kinds of people. But we have learned that the problems of the world can sometimes come to our beautiful and usually peaceful country. It is a very sad time for us all.


Here are the facts. One man, who travelled from Australia a few years ago attacked 2 Mosques in the city of Christchurch and killed many people. This kind of terrorism has never happened before. He was not from New Zealand. He was caught quickly. There is NO evidence of anyother terror cells in New Zealand. New Zealand has guns because we have many farms and farmers need guns to shoot pests on their land. Most New Zealand people do not have guns. Even the Police in New Zealand do NOT carry guns. Since the attack there will be changes to our gun laws banning automatic rifles. NewZealand is a very peaceful and welcoming place and since the attacks there have been many stories and many examples of kindness and sympathy for all people from other countries and other religions, in particular our Muslim brothers and sisters. New Zealand is still a peaceful, loving country and one of the safest countries in the world to visit.


(訳)ニュージーランド(NZ)では皆が衝撃を受けています。このようなことは他の国だけで起こることだと思っていたのです。NZはあらゆる人種を快く受け入れる寛容さと親しみやすさで知られています。しかし、世界の問題がこの美しく平和な私たちの国にも起こってしまうということを知りました。私たち国民にとってとても悲しいことです。


事件の真相は、オーストラリアから数年前にNZにやってきた一人の男性がクライストチャーチ市の2か所のモスクを攻撃し、多くの死者を出しました。このようなテロはかつて起こったことはありません。彼はニュージーランド人ではなく、すぐに捕まりました。NZにテロの下部組織があるというような証拠は何もありません。NZでは牧場で働く人が多く、自分の土地に出る害獣を駆除するために銃を持っている人が多くいますが、ほとんどのNZ人は銃を持っていません。NZでは警察でさえ銃を持っていないのです。この攻撃以降、自動式銃を禁止する銃器所持取締法が変わるでしょう。NZはとても平和で、人を温かく迎え入れる国です。それを示す多くのストーリー、数々の思いやりやお悔やみが、他の国々や他の宗教、特にイスラム教徒の仲間たちを含め、あらゆる人たちからありました。NZは今も平和な、愛情のある国で、訪れるには世界で最も安全な国のひとつです。



# by TokyoPassport | 2019-03-27 11:41 | ひとり言 | Comments(0)

英語感覚 "Do you have a pen?"には"Yes, I do."より"Here"とか"Yup." 

実際のコミュニケーションで“Do you have a pen?”は、ペンが貸りたくて言う場面が多いですよね。その場面では”Yes, I do.”と答えるよりも”Sure, here.”とか、“Yup.”Yesのくだけた言い方「ああ、いいよ」)という返答になります。英語表現は使われる場面とセットで記憶に残りやすくなり、使われ方も正しく理解できるようになります。


特に子どもは英語を日本語に置き換えず、「日本語では?」と聞かれると簡単な単語でさえ戸惑うことがよくありますが、たいてい意味やニュアンスはきっちり受け取っているのです。例えば『「教科」の英語は?」』と聞くと戸惑う子たちも、”What subject do you like?”の質問には、”I like science.”等と即座に答えています。


例えば、ある幼児は”You can do it.”と言われた時に即座に”NO!NO!「やってごらん」って言ったって…”と返答しました。”You can do it.”は「きっとできるよ」と励ます場面で使われますから、「やってごらん」といニュアンスは確かに合っているなぁと感心しました。また面白くない冗談に対して”That’s not funny.”と言った時には、「怒ってる時にそう言うよね」と言われました。改めて考えると、叱られている子が笑っている時に確かに言う表現だなと。

また、ある小学生は、”You are so helpful.”と言われ、「私がお助けマンってことでしょう?」と(笑)。


毎年、生徒さんの言葉を吸収する力に驚かされ1年が過ぎます。時々、「〇〇を英語では?」の質問にお子様が答えられないと失望されてしまう保護者の方がいらっしゃいますが、こういう見えにくい成長にも気づいていただけるようにしたいなと感じます。



# by TokyoPassport | 2019-03-01 13:16 | ひとり言 | Comments(0)

トイレの英語は? 大・小は英語でどう言うの?  


2019年1月、3週にわたり福生市にて市民活動支援講座「はじめよう!シンプル英語でおもてなし」講座を開催させて頂きました。 (*東京都の講座ではなくオリジナルの講座です)

福生市の「輝きサポートセンター」の方々のおかげで、申し込み開始から定員28名がすぐに埋まり、賑やかなクラスとなりました。積極的な方が多く、担当させて頂き、質問も多く、とても楽しい時間を過ごさせて頂きました。

                 

c0351279_17592066.jpg

この講座で「トイレを流す時の説明で、日本の大、小をどう説明しますか?」という質問がありました。

なかなか、ネイティブに聞きづらいですよね。ですので、ブログに掲載することにしました。

講座では、「あえて尿urine、便stoolの固い表現より、pee() poo(大)と幼児語で言ってもNumber 1=「小」、 Number 2=「大」でも良いと思います」とお答えしました。

このNumber 1=「小」、Number 2=「大」は正式な言い方ではありませんが、一般的に使われますし、理解してもらえます。

映画の Meet the Fockers(ミートザペアレンツ2)でトイレに関する面白いセリフがあったので、印象に残っています。家族でキャンプカーのような大型バスで旅行に出かけた時に、

As a courtesy to fellow passengers, the on-board lavatory should be used for number one only. Should a need for number two arise, we'll stop at a rest stop or a heavily wooded area. 「一緒に乗っている人への礼儀として、乗車中のトイレは、”Number 1(=)”だけ。万が一”Number2 (=)”がしたくなったら、休憩所か、木が覆い茂っているところに停まる(からそこでしなさい)。」というのがありました。 その他、同じ映画の中で、brown/ yellow という表現も出てきていましたが、これは一般的ではないと思います。


トイレの英語は?

トイレはbathroom, restroomが一般的で、上のセリフにあるようにlavatoryもよく使われます。もちろんtoiletも通じますが、「便器」というニュアンスになりますので、bathroomとかが無難です。


講座の内容は、もちろん「トイレの話」ばかりではなく105.png、「外国人とのコミュニケーションに関する基礎知識や、「おもてなし」の心を習得するためにコミュニケーションの手法や異文化について学ぶ。」というものです。

第1回 挨拶の仕方 スモールトーク 道案内 マナー 手助け

第2回 病気や怪我をした外国人を助ける 病気や薬の英語表記

第3回 午後2時~4時 券売機の利用方法 電車の案内 体験したいもの


様々な年代の方々が「2020年の東京五輪に向けて、英語を勉強したいと思った」、「外国人の役に立てればと思った」等の理由で参加されたとのことで、オリンピック・パラリンピックにより関心が高まっているのを感じました。

次回は同じ内容を6月に開催予定ですので、ぜひ福生市の公報をご覧になり、ご興味のある方はぜひお申し込みください。  

c0351279_10560159.jpg





# by TokyoPassport | 2019-02-02 17:47 | 外国人おもてなし語学ボランティア講座 | Comments(0)

英語学習者のためのニュース

「ニュースの英語」は、難しそうで抵抗感がある方もいらっしゃることと思いますが、ニュースを通して海外や日本のことを知り、様々な話題に精通すれば、きっと会話も広がり、また深まることでしょう。そこで、英語学習者のためのニュースのサイトをご紹介したいと思います。


■「英語ネットのやさしく読める英語ニュース」 

http://www.eigo-net.jp/easy_reading/ 

ジャパンタイムズが協力して作成した初心者向けの英語ニュースです。記事は短く、かつ中学英語(約1200語)で読めるように編集され、中学英語以外の単語には説明がついています。また日本語訳もあるので、分かりやすいです。


the Japan Times 

https://www.japantimes.co.jp/

The Japan Timesは常に更新され、様々な分野の最新のニュースを英語で理解することに役立ちます。国内のニュース、経済、スポーツ記事など多くの記事から興味のあるものを選ぶことができます。


BBC lingohack

http://www.bbc.co.uk/learningenglish/english/features/lingohack

ニュースの動画を英語字幕つきで確認できて、ニュースを見る前にキーワードの説明もあります。イギリス英語ですが、音声付でリスニングを伸ばすこともできます。音声はナチュラルスピードです。


Breaking News in English

https://breakingnewsenglish.com/

Breaking News in Englishのニュースは7レベルに分かれていて、自分に合うレベルの記事を選んで読むことができます。 記事数は多くありませんが、記事の難易度も、音声のスピードも選択できるところがお勧めです。ご参考までに一番易しいレベル0の記事を掲載させて頂きます。こちらは、昨年末の記事ですが、日本の「今年の漢字」の記事です。


This year is nearly over. Was it agreat year? Japanese people have chosen the kanji they think describes 2018.They chose the kanji, "disaster". This was because there were natural disasters in 2018. Japan had typhoons, earthquakes, heavy rains, and a deadly heatwave. These killed hundreds of people. 

Japanese people have voted for aword of the year since 1995. The kanji "peace" was second this year.Last year, "north" won because of North Korea's nuclear tests. The world also had disasters. There were wildfires, hurricanes and tsunami. People want next year's kanji to be "happiness". (この記事は「レベル0~3」で選択可能。)

(要約)今年も終わりに近づき、2018年を表す漢字が選ばれました。2018年は、台風、地震、豪雨、命に危険を及ぼすほどの猛暑といった自然災害で何百人もの人々が亡くなったことで、「災」が選ばれました。 日本では1995年から今年の漢字が投票されています。今年の2位は平和を意味する「平」で、去年は北朝鮮の核実験があったので「北」が選ばれました。世界を見ても山火事やハリケーン、津波がありました。来年は「幸」になることを人々は願っています。


ちなみに今日(120日)は、”Homes for sale in Italy for one euro”というタイトルで、イタリアの小さな町が過疎化対策で1ユーロ(約125円)で家を売るといった記事が出ていました。


私は過去に住んでいたニュージーランドの記事を時折読んでいます。”Hundreds of lambs escape following crash(衝突後、何百もの子羊が逃げた)というタイトルで、「羊を運んでいたトラックが衝突し、何百頭もの羊が逃げたけれど、まだ見つかっていないので近辺を運転するときは注意するように」といったニュージーランドらしい記事があったり、また、ニュージーランドでは外国人が投資目的で住宅を購入することが原因で住宅価格の高騰が問題になっているので、対抗措置として居住ビザのない外国人が住宅を購入することを禁止する法案が可決された記事がありました。ニュースを通して新たな情報を得たり、懐かしくなったりしています。ぜひ、皆様もご興味のある分野のニュースをお試しください。



# by TokyoPassport | 2019-02-01 15:00 | 英語学習法 | Comments(0)

コミュニケーションを楽しみましょう!  

新年、あけましておめでとうございます。

本年も皆様が英会話を楽しみにしていただけるようなレッスンを提供していけるようスタッフ一同努めて参る所存です。

本年もどうぞよろしくお願い致します。

以前、「コミュニケーションの語源」についてコラムを書きましたが、今回は「コミュニケーションの楽しさ」について書きます。


ラテン語のcommuniscom=共に、munus=贈り物)から生まれた「コミュニケーション」は、「共有する、分かち合う」という意味を指します。


話し言葉や書き言葉に限らず、例えば音楽や絵画でも伝えるメッセージを受け手が感じ、共有することがコミュニケーションです。コミュニケーションに「言葉」は大切ですが、伝える時に相手がメッセージを受け取る要素は「声の使い方」が約4割、「ボディランゲージ」が約5割、「言葉」は1割未満と言われています。

まだ英語歴が浅い子どもたちでも、クラスで立派にコミュニケーションを取っています。その様子をご紹介したいと思います。

c0351279_11085091.jpg
★小学生の男の子「宿題をやったけれど忘れてきた」と英語で言えずに、上手なジェスチャーと残念な顔の表情で事情と気持ちを伝えてくれました。

★小学生のある女の子は、いつも言いたいことが出てこなくても諦めずに自分の知っている単語でお話してくれますが、例えば Photographerが出てこなかった時にはCamera, pro, jobと言って説明してくれました。

★幼児たちは、英語で返せなくても先生の話していることにきちんと反応して、立派なコミュニケーションが成り立っています。

c0351279_11140996.jpg

ところで、テレビ番組の「イッテQ」の「出川イングリッシュ」をご存知でしょうか?海外で英語でミッションをクリアしなくてはいけないという設定で、出川さんが限られた単語力で次々にミッションをクリアしていきます。出川さんの勇気と諦めない姿を見ていると、英語が分からなくても通じ合えるという気持ちや自信がコミュニケーションにはとても大切だと改めて感じます。


出川さんは自由の女神を「ビッグ・グリーン・ドール」と伝えて通じました。ちなみに、みやぞんさんは、「フリー・セメント・レディ」と言って、たいまつを持つジェスチャー等で理解してもらえていました!


私も日常的に似た経験をしています。最初に言った言葉で伝わらない時は、どうしたら分かってもらえるかを考えて再チャレンジします。1度で理解してもらえなくても、何度かチャレンジすると通じるものです。例えば、外国人講師の口座開設に通訳で付き添った際には「納税番号」を訳す際に、まずはpersonal tax numberと言いましたが伝わらず、”The number is called IRD number, Inland Revenue Departmentnumber, in New Zealand. It’s used for all the tax.”(ニュージーランドではIRDと呼ばれる国税局の番号で税金に使う番号)と説明すると、Oh, social security number!((アメリカでは)社会保障番号))と通じました!


「きちんとした英語を話したい。」「間違った英語を話すのは恥ずかしい」という気持ちは、誰にでもあると思います。でも1度言ってみて伝わらなくても、「通じない!」と諦めないでください。 通じない時、「正しい英語が話せなくて相手に悪い」と遠慮してしまいがちですが、きっとこの瞬間、相手も「理解できなくて悪い」と思っているはずです。話すのを諦めてしまうと、お互いが残念な気持ちで終わります。何度もチャレンジすることできっとメッセージが伝わり、理解しあえます。そうしたら、きっとお互いが幸せな気持ちになることでしょう。

大切なことは、あきらめないことと遠慮しないことです! 

ぜひ、コミュニケーションを楽しみ、様々なことを共有してください。



# by TokyoPassport | 2019-01-05 11:15 | 英語教育 | Comments(0)

“Happy New Year” or “A Happy New Year”? “

”A Happy New Year!”という言葉が年賀状に印刷されていた数年前から変わり、今では”Happy New Year!””a”が消えています。正しくは、この”a”がない方です。

A Happy NewYear!””a”を入れると、”Good morning”

A good morning”と言っているような変な感じがするのと同じで、挨拶のようにこのフレーズだけを単独で使う場合は”a”はいりません。


「誕生日おめでとう」は”Happy Birthday!”

「楽しいクリスマスを」は”Merry Christmas!”のように、

「良いお年を」なら”Happy New Year!”となります。


ただ、例えば、”I wish””I have”を入れて文章で言う時には、”a”が必要となります。

例) ”I wish you a happy new year.” 「良いお年をお過ごしください」

“Have a happy birthday.”「楽しい誕生日を過ごしてね」

  

先日、ある小学校の学習発表会で「まいど、ゆうびんやです!」という劇を見ました。スマホが普及してメールや電話ですませられる今の時代において、手紙の良さを伝える劇でした。「♪白ヤギさんからお手紙着いた 黒ヤギさんたら読まずに食べた♪」の黒ヤギさん、白ヤギさんまでもがスマホを持っているという設定でした(笑)そんな中、入院しているおじいちゃんからお手紙をもらった子どもが、お返事の手紙を書いて、病院へ届けに行きます。すると、おじいちゃんが「会いに来てくれたこともうれしいけれど、心を込めて書いてくれたお手紙がうれしい」と喜びます。それを見ていたみんながお手紙を書きたくなるという話でした。私自身も手紙を書かなくなっていたので、書きたいなと思える可愛い劇でした。

c0351279_13251354.jpg

有名なガマガエルのお話”Frog and Toad Are Friends(ふたりはともだち)”The Letter 手紙というお話があります。小学校1年生に習うお話です。

お手紙をもらったことがなくて悲しむガマくん」。それを知ったカエルくんが、ガマくんにお手紙を書き、配達をかたつむりに頼んで、一緒に玄関に座って待ちます。「僕に手紙なんて来ないよ」と言うガマくんにカエルくんは「僕が書いたから来るよ」と言います。びっくりしたガマくんは、「何て書いたの?」と聞くと、

“Dear Toad,

I am glad that you are my best friend.

Your best friend, Frog.”

と書いた内容まで話してしまいます。内容が分かっていても、二人は一緒に幸せな気持ちで手紙が届くのを待ち続けます。かたつむりに配達を頼んだので4日間もかかりますが、ガマくんはもらった時、とても喜んだという心温まるお話です。英語も読みやすいですから、お勧めの英語の本の1冊です!


今や、家のポストを開けると請求書か広告ばかりですが、母から孫たちへの手紙が時折届いています。母からの気持ちをこめて書いてくれた手紙には心が温まります。メールやLINEは簡単にやりとりができますが、やっぱり手紙をもらうと誰でもうれしいですよね。


もうすぐクリスマス。クリスマスカードの文化がある国では、カードは部屋に飾られます。書いて、もらって、飾って楽しみます。皆様も、大切な人へお手紙やカードを書いてみませんか?

🎄Wishing you a merry Christmas and a happy New Year🎄



# by TokyoPassport | 2018-11-30 13:26 | 英語表現 日本語と英語の比較 | Comments(0)

スピーキングの流暢さを高める4/3/2 fluency activity

英語を流暢に話すことを身につけることは容易ではないですよね。日本語では言いたいことが浮かんだ瞬間に言葉が出てくるものが、外国語となるとそう簡単にはいきません。

話す時は、

「①話す内容を決める→②言葉を組み立てる→③正確に発音する」


という3つのプロセスをたどります。母語の場合、これが瞬時にできますが、英語だと、文法も単語も意識して文章を組み立てることになります。つまり、「流暢さ」は、このプロセスをいかに早くできるかが鍵となります。

流暢さを高めるには、音読、暗唱、リピーティング(聞いた英文を記憶して言う)、シャドーイング(聞いた英文をすぐ後から追っかけるように言う)の他、

4/3/2 fluency activityという練習法があります。


4/3/2 fluency activity」のやり方は、

① テーマについて、話すことを考える。必要な単語をメモして話す準備をする。

② 4分間話し続ける。

③ 4分間で話した内容を今度は3分で同じ内容を話し終える。

④ 最後に2分で同じ話をする。

c0351279_16242767.png


本来「4分、3分、2分」という時間設定からこの名前がついていますが、4分間が長い場合は、「3分、2分、1分半」とすることもできます。時間の制約の中で同じ内容を繰り返すことで、話す時の「3つのプロセス」を早く処理しようとし、瞬間的に英語が出やすくなります。また、聞き手がいると話しやすいですが、一人でも練習できます。

この方法は速読練習にも使えますが、会話力を伸ばすためには、自分の意見を英語で言う練習をすると良い練習になるでしょう。トピックは何でも良いのです。「印象に残っている言葉」「大好きな本、大切な物」「日本では日常でも外国ではあまりないもの」等。


例えば、テーマを”Everyday things we can’t find in Japan”とするなら、私はニュージーランドに住んでいたので、ニュージーランドにあって日本ではあまりないものについて話します。


① 何について話をするか考えて、準備をする。

the amazing scenery 素晴らしい景色

Food;New Zealand pies, delicious lamb chops with mint sauce, salmon and crayfish

食べ物:ニュージーランドのパイ、ミントソースのラムチョップ、サーモンや伊勢エビ

mountainbiking in nature 自然の中で乗るマウンテンバイク

watching rugby matches  ラグビーを見ること

drinking mulled wine by the fire in winter 冬に暖炉のそばで温かいワインを飲むこと

driving where there were no traffic lights.... 信号のないところで運転すること


② その後、詳細を加えながら4分で説明します。

素晴らしい景色を説明するには、“The beautiful scenery was one of the everyday things I miss in New Zealand. I could enjoy the amazing views with snow covered mountains, lakes, and the sky was so blue.”

食べ物では、”The most common lunch in New Zealand was pies; my favorites were chicken and apricot pies, and steak and cheese pies.というように。

③次のステップは②で話したそのまま同じ内容を3分、2分と時間を短くして話します。


ぜひ、4/3/2」で練習してみてはいかがでしょうか?

Why don't you give it a try? 



# by TokyoPassport | 2018-11-02 16:36 | 英語学習法 | Comments(0)
line

日々生徒さんとのやりとりで感じたことや英語教育に関することを中心に書いています。TPAの生徒様をはじめ、今後ご入会を検討して頂いている方、英語教育に関心のある方にも読んで頂けるとうれしいです。 www.gakuin.co.jp


by TokyoPassport 辻井 清江
line
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30